<< 社会保険を知ろう 厚生年金99 | main | 社会保険を知ろう 厚生年金101 >>

スポンサーサイト

  • 2012.05.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


社会保険を知ろう 厚生年金100

 訪問看護事業者の大手3社が虚偽の指定申請をしていた疑いがニュースになっています。厳しい行政処分が下されるようですが、介護されている方々のことも考えて処分の方法を決定してもらいたいものです。

 金融庁の各金融機関(銀行や損保会社等)への行政処分は厳しいものがあります。
でも、融資の業務停止や損保商品の販売停止処分は国民への影響も大きいものがあります。消費者金融の業務停止と違い社会的影響力が大きい。

 何が言いたいかというと、行政処分もいいですが、国民が困る形では本末転倒ではないかということです。

 不正を行った企業に対し処分を行うのは行政の方針としても、それによって国民が困ってしまうことの無いようにしてもらいたいです。

 訪問看護事業者は高齢者で人の助けを受けなければ生きていけない方々です。今回の件では、介護を受けている方は不安でしょう。

 安直な処分の仕方ではなく、国民がそれでも安心できる方法にしてほしいものです。

スポンサーサイト

  • 2012.05.15 Tuesday
  • -
  • 18:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんにちは。北九州の伊藤です。
知り合いの介護業者に聞いたら、やはり大変みたいです。んで、Kンのは、結構悪質みたいです。社労士は、あんまり介護保険のこと知りませんので、いろいろと教えてもらいました。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
スポンサードリンク
スポウサードリンク
RSS
RSS新着情報
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM