<< 社会保険を知ろう 厚生年金77 | main | 社会保険を知ろう 厚生年金79 >>

スポンサーサイト

  • 2012.05.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


社会保険を知ろう 厚生年金78

 前回でも取り上げました「労働契約法制」「労働時間法制」ですが、かなり揉めていますね。今度の通常国会での成り行きも注意しておかねばなりません。
 なにしろ、今後の労働のあり方が確実に変化していく法案になっていますので、働いている方は皆さん関係してくるとおもいます。

 対立点として、事業主側の反対項目は
 1.割増賃金の割増率の引き上げ
 2.時間外労働が一定時間を越えた場合、一ヶ月以内に法定休日を付与することを義務   づける
 3.法定労働時間を超えて時間外労働を行わせた場合の罰則強化
 4.年次有給休暇の一定日数を連続休暇として時季として取得させる。
   退職時に年休の残日数がある場合に使用者が買取ることの義務化
 5.社員を保護する立場から解雇紛争を補償金で解決する新制度の導入

などが主なものです。

 一方、労働者側からの反対項目は
 1.事務職(ホワイトカラー)の時間外計上の廃止
   これについては、一定の年収等がある労働者が対象です。年収800万円以上なんてありましたが、一般事務職で年収800万円以上なんて、上場企業の一部の会社しか該当しないですよね。中小企業だったら確実に管理職クラスです。管理職にはもともと労働時間の概念はありませんから。ですから、この条件だとほとんどの一般事務職は時間外計上ができる対象になってきます。

 もっとも、この管理職の基準が変更される可能性もあります。
 まさに、要注意の事案であることに、かわりはありません。

スポンサーサイト

  • 2012.05.15 Tuesday
  • -
  • 16:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ご無沙汰しております。伊藤です。
ブログやられてたんですね。私のとは比べ物にならないくらい充実されています。Oさんもしてます。私のは、社労士の内容や専門性がないバカ丸出しのブログです(笑)ブログは宣伝してナンボ。自分を知ってもらうツールとして活用しております。宣伝しまくりなんで、アクセス数は最近増え始めています。効果についてはまだまだ?ですが・・・。
いつでも、ちょくちょくいらしてください。これからもよろしくお願いします。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
スポンサードリンク
スポウサードリンク
RSS
RSS新着情報
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM